直線上に配置

      お知らせ

バナー
■語り合う文学教育の会・三重 11月例会

日時 
11月11日(土)13:30〜17:00

場所 
三重大学教育学部 専門校舎1号館4階 401教室

内容
 13:30〜14:30
    特別講座
    「あまんきみこの世界・『車のいろは空のいろ』を中心に」
      中垣清人さん
    14:30〜17:00
    実践報告「ごんぎつね」(光村図書4年)
      坂口由起さん(東員町立稲部小学校)

会報10月号を掲載しました。(2012.12.11)
会報12月号を掲載しました。(2013.1.21)
会報2月号を掲載しました。(2013.3.1)
会報3月号を掲載しました。(2013.3.28)
会報4月号を掲載しました。(2013.4.23)
会報5月号を掲載しました。(2013.5.24)
会報6月号を掲載しました。(2013.6.20)

会報9月号(No.1・2)を掲載しました。(2013.9.24)
アイコン
アイコン活動報告
実践・研究等
田中実さん「小学校国語教材を読んで−『ごんぎつね』と『きつねのおきゃくさま』−」(2010年度夏合宿・講演)を掲載しました。(2011.2.22)
藤原和好著『語り合う文学教育−子どもの中に文学が生まれる−』学習会の報告を掲載しました。(2011.2.22)
近藤恵子さんの実践報告を掲載しました。(2011.5.13)
中西祐司さんの実践報告を掲載しました。(2011.8.9)
橋本博孝さんの論文を掲載しました。(2011.9.6)
橋本博孝さんの論文を掲載しました。(2012.9.23)
横山信幸さんの論文を掲載しました。(2012.9.23)
お問い合わせ
直線上に配置

『語り合う文学教育』第8号が発行されました。(2010.2.27)
『語り合う文学教育』第9号が発行されました。(2011.3.5)

『語り合う文学教育』第10号が発行されました。(2012.3.3)
『語り合う文学教育』第11号が発行されました。(2013..3.2)
『語り合う文学教育』第12号が発行されました。(2014..3.1)

機関誌『語り合う文学教育』
アイコン
早わかりQ&A

「語り合う文学教育の会」早わかりQ&Aを掲載しました。(2009.4.17)

 「語り合う文学教育の会」へのお誘い

 近年の文学教育は、「文学を教える」か、あるいは「文学で教える」かのどちらかの立場に立っています。「文学を教える」というのは、作品の思想、あるいは人物、描写を教えるということで、「文学で教える」というのは、その作品を通して、物の見方・考え方、あるいは表現手法を教えるということです。前者は古い立場で、後者は新しい立場だとされていますが、どちらも、読者の外に確固とした作品が存在するという点では同じ立場です。しかし、文学作品というものは、読者の外側に、つまり書かれた文章の内にあるものなのでしょうか。読者論はそのことに疑問を投げかけました。
 私たちは、長年の実践を通して、文学作品というものは読者の内側にしか存在しない、そして、その読者の内側にある作品は、教師の働きかけを通してしか見えてこないということを確認してきました。そういう立場からすると、文学の授業は、「文学を教える」ことでもなければ「文学で教える」ことでもなく、子どもたち一人一人の内なる文学作品を見いだす、すなわち「文学を見いだす」仕事だと考えるべきだろうと思います。そういう姿勢で文学の授業に臨み、子どもたちに接していると、今まで見えなかったことがらや子どもの姿がずいぶん鮮明に見えてくるように思えます。
 教師が、あるいは学級の仲間が、一人一人の作品世界を見いだそうという姿勢で授業に臨めば、特に何かを教えようとしなくても子どもは意欲的になるものだし、何よりも文学の世界にはいり込み、そして文学によって解放されるでしょう。文学の読みとは本来そうであるべきだし、そういう読みこそが、今、居場所のない子どもたちを救ってくれるのではないでしょうか。
 読みによって子どもの中に生まれるものを大事にしようということでは、説明的文章の読みもまた同じことです。説明的文章の読みというと、たいてい、段落に分けて、各段落の要点をつかみ、段落相互の関係を明らかにして、文章の要点をまとめるというふうになっています。しかし、文章の読み手は、そういう形式的なことだけを求めているのではありません。説明と虚構を読むという違いはありますが、説明的文章の読みも、文学作品の読みと同じように、読み手は、自己と文章とを対峙させ、情熱や疑問や葛藤を持って文章を読み進めていくのです。そういう読みの中で、読み手の中にどういうドラマが起こっているのか、教師はそこに注目する必要があります。
 子どもを知り、子どもとともに生きようと考えるすべての方々に、私たちの会に参加されるよう勧誘いたします。

                        語り合う文学教育の会

→実践指針「教室で文学を生み出すための原則と手だて」